プリント基板を勉強しよう!

当サイトはプリント基板誕生したきっかけや歴史を初め、進化し続ける技術など歴史を通じて紹介しています。
また、電子部品を実装する基板は電子機器に必要不可欠な存在である事からも、基板は量産して当たり前の世界と言われています。
最近は、格安基板メーカーの登場で業界は大きく変化しています。
サイトの情報を入手する事で、プリント基板制作に英語力が必要であるのか、制作する上でお勧めとなるソフトウェア情報などを入手が出来ます。

プリント基板制作の歴史を調べよう!

プリント基板制作の歴史を調べよう! 現代においてプリント基板は電子部品を実装するための道具として当たり前のように利用が行われています。
ホールにリード部品のリード線を挿入する、裏側で半田付けすればリード部品は電子回路の一部になります。
電子機器の機能が増えると電子部品の数も増える、小型化が要求される現代において、リード部品はチップ部品との併用により実装密度を高める事が出来るようになりました。
チップ部品はSMT実装機を使って自動実装が出来るメリットがありますが、プリント基板の歴史の中で欠かす事が出来ないのがラグ板を利用した実装技術です。
ラグ板は端子が付いている電子部品です。
現代のプリント基板のように、決められた場所に電子部品を実装して制作を行うものではなく、リード部品を端子に半田付けしながら電子回路を構成させると言うやり方がプリント基板の始まりです。

数年前までたくさんの予算が必要だったプリント基板制作

数年前までたくさんの予算が必要だったプリント基板制作 片面のプリント基板の場合は、部品面側にはリード部品が実装され、裏側にはリード部品が半田付けされるパターンが設けられています。
両面の場合は、パターンは両面に設けられており、そこにはチップ部品が実装されているケースがあります。
パターンは電気が流れる道で、電子回路を構成するために必要不可欠なものです。
パターンを作る時には、現在ではCADを利用して行う事が出来ますが、以前のパターン製作は労力を使う作業であり、開発コストも多くの費用が必要になっていました。
予算をある程度用意しておかないと基板設計が出来ない理由は、パターン図を作成する時のアートワーク作りに時間や手間が掛かるからです。
電子回路図を見ながら、アートワークの引き回しを考える、部品の配置を考えるなどが設計の中には必要です。
さらに、基板のサイズは決まった大きさになっているので、すべての電子回路を決められたサイズ内に収めなければなりません。
アートワークの引き回しは極力短くする、電源回路とオーディオ信号が流れるパターンは近づけないなどの工夫が必要で、多くの時間を必要とする作業です。
CAD化が進んだ事で、アートワークの引き回しは電子回路図を設計すればアートワークを自動生成出来るようになっており、少ない予算の中でプリント基板制作が出来るようになったのです。

プリント基板お勧めサイト

安心してプリント基板を任せられるメーカー

プリント基板を頼む