基板制作で英語力は必要?

基板制作で英語力は必要?

基板制作で英語力は必要? 電子回路の設計を行うプリント基板製作の手法は、もともとオーストラリア人の発明家によって構築されたものです。
故に、実際に設計を行う人や構成された基板・製品となった基板を扱う人々の間でやり取りされる用語については、英語由来のものが多くなっています。
当然ながら設計記述においてもそうした内容の理解が求められますが、基本的には単語レベルで其々の意味合いと用途を理解していれば、概ね問題はありません。
従って英語力を問われるといったものでは無く、基本的なやり取りや用語の解釈も日本語で行えれば良いという事になります。
但しプリント基板設計の技術は、世界中で共通して使用されるものとなっています。
その為関連する市場にはグローバル性があり、場合によっては海外の事業者と様々なやり取りを行うケースは考えられます。
こうした場合には前述の英単語由来の用語を含めた様々なやり取りを外国語で行う必要が生じ、対象の言語が英語となる場合には高い英語力を問われる可能性はあります。

プリント基板制作で英語が活きるシーンとは

プリント基板制作で英語が活きるシーンとは まずプリント基板製作の手法はもともとオーストラリアの発明家によって開発されたという経緯から、そのベース部分が英語で構築されており、英単語の用語が頻出します。
英語力が無くとも各単語・用語の意味を使用する範囲で把握すれば設計は可能ですが、頭文字が省略されたものが多い事を考えても深い理解が出来る事に越した事はありません。
特に設計した基板に関するやり取りを他者と行う場合に、その力が活きてくる可能性は高いと言えます。
またフリーソフトを中心に、日本語化がされていないプリント基板設計ソフトが存在します。
その中には著名で評判が高く、多機能で応用的な使い方に対応出来るソフトも含まれています。
ですがこうしたソフトを利用する場合、用語のみならず全ての記述が基本的に外国語となります。
そして手法の開発経緯から最もしっかり対応している言語は英語であり、その活用力の高さが設計の正否やレベルに直結するものとなって来ます。