プリント基板を勉強しよう!

格安基板メーカーの出現でプリント基板業界は大きく変わった

格安基板メーカーの出現でプリント基板業界は大きく変わった プリント基板とは、絶縁体に小さな金属をはめ込んで作る精密機械です。
緑色のシートに金属がたくさん並んでいる機会をみたことがある方は多いと思います。
小さな機械に組み込まれているイメージが強いですが、車や航空機、産業ロボットや宇宙ロケットなどの大きなものにも使われています。
現代のものづくりには欠かすことのできない重要な部品なのです。
プリント基板は、これまではメーカーに依頼して作るものでしたが、格安で作ってくれるメーカーが出現し、業界は大きく変貌しました。
ネットで注文するとプリント基板の設計から製造、実装まですべて請け負ってくれるのです。
プリント基板を作る際には多額の初期費用がかかってしまうため、製造する枚数が少ないと1枚あたりが高額になってしまっていましたが、インターネットで注文することによって1枚からでも格安で作ることができるようになりました。
納期までの期間も短いため、個人だけでなく法人からも支持を集めています。

国産のプリント基板メーカーの生き残りについて

国産のプリント基板メーカーの生き残りについて かつてプリント基板をはじめとする電子部品の製造はものづくり大国である日本のお家芸とされ、リファレンスに忠実な高精度な仕上がりはもちろんのこと限りなくゼロに近い不良率の低さは世界からも高く評価され、多少コスト面では不利であってもあえて国産メーカーを選択するカスタマーも少なくありませんでした。
しかし昨今の過剰とも言える低コストが重視される市場においては人件費を抑えられる諸外国のメーカーが圧倒的に有利となり、国産メーカーは厳しい競争に晒され、その品質の高さ評価されつつも劣勢を強いられています。
今後国産のプリント基板メーカーが生き残るためには、海外に生産拠点を移すなどして海外メーカーと同じようにコスト競争のステージに乗るか、海外メーカーには真似の出来ない高度なオリジナルの技術をストロングポイントとして打って出るかの二者択一が迫られている状況です。
自社の製品がスマートフォンなどのデバイス用のパーツとして採用される事を目指し、いくつかのメーカーは既に動き出しています。