プリント基板を勉強しよう!

プリント基板制作は量産して当たり前の世界だった

プリント基板制作は量産して当たり前の世界だった プリント基板制作は量産して当たり前の世界です。
というのも、プリント基板は精密に制作する必要が有ります。
それには、それに適した万全な制作設備やセキュリティーや制作するスタッフそれを管理する人達が必要になります。
これらを組織として維持する為にはかなりのお金が必要になります。
かなりのお金が必要になるのでプリント基板を一個や二個制作する為にこれらの制作に必要な物を準備しては完全に赤字です。
会社とは当然利益を追求しますが、「完全な赤字」から「黒字化して事業にする為」には「量産」が必須になります。
以上の理由からこの部品制作は量産する事が当たり前になります。
数を多く制作すれば小資本で少なく制作するより業務効率が向上して商品をお客様に安く提供出来ます。
お客様に数多くのプリント基板を提供出来ればそれだけ自社の利益が上がり更にお客様に高品質なコストパフォーマンスが良い商品を提供できます。
少量では効率が悪いです。

パソコンが普及してデータのやり取りが普及したプリント基板

パソコンが普及してデータのやり取りが普及したプリント基板 パソコンの普及によりプリント基板の回路設計から発注、パターン配線から納品までに必要とする一連の作業時間は飛躍的に短くなりました。
プリント基板の開発工程は、CADツールによる回路図入力やライブラリの作成に始まり、パターン設計指示書や実装検討図のほかネットデータなど各種必要書類の受け渡しの後、パターン配線やプリント基板の製造へと移行します。
紙ベースでのデータのやりとりはほぼ無くなり、現在は多くのデータがファイルベースとなりましたが、最も効率化が図られたのは設計済みパターンのチェック作業です。
かつてはパターン配線終了後に、紙ベースに印刷された全てのパターンを接続状態も含めて目視でチェックする必要がありましたが、CADツールのネットデータにより接続状態には問題が無いことがハッキリしているため、パソコンのツール上でクリティカルなパターン部分のみをチェックするだけで済むようになっています。
自動配線技術も年々向上し、簡易なパターンであれば自動配線後に多少の手直しで済むケースもあります。