プリント基板制作のおすすめソフト

プリント基板制作のおすすめソフト

プリント基板制作のおすすめソフト プリント基板制作ソフトには、大きく分けて有償のものと無償のものがあります。
最近では無償のものでも多機能で人気のあるおすすめソフトが増えていますので、まずは無償のものを使ってみてどうしても満足がいかないようであれば有償のものを購入してみるという手もあります。

単に図を作成するだけならExcelでもできます。
しかし、効率良く作成するなら専用ソフト(CAD)を使った方が良いでしょう。

プリント基板制作ソフトには、例えば次のような機能があります。

手書きでゆがんでしまった配線ルートを自動的にきれいに修正してくれる機能は、見た目の分かりやすさや美しさを短時間で実現してくれます。

プリント基板の製造に必要な情報を、図の中に埋め込んでおくと便利です。
これにはODB++形式の出力機能を持っているソフトが必要です。

レイアウト機能の使い勝手は、ソフトによって大分差があります。
コネクタもうまく繋いでくれるもの、そうでないものがあります。自分にとって使いやすいものを見つけましょう。

プリント基板制作のおすすめメーカー

プリント基板制作のおすすめメーカー プリント基板とは、電子機器のための重要な基板です。
薄い緑の板に小さな金属がたくさん張り巡らされているのを見たことがある方は多いと思います。
携帯電話や電化製品、車などの身近なものから産業ロボットや医療機器に至るまで、現代ではこれなしでのものづくりは考えられず、とても重要な精密機械です。
では、プリント基板のおすすめメーカーはどこなのでしょうか。
世界に目を向けると台湾のメーカーがとても有名です。
台湾には携帯電話の製造工場など、たくさんの精密機器の工場があるため技術力も高いと言えます。
日本のプリント基板業界を見てみると、世界でも有名な大手電機メーカーよりも中小企業の方がその名を知られています。
大きな宇宙ロケットの部品を街の小さな工場が作っていたりと、日本のものづくりの技術力はとても高いです。
プリント基板の売上高などからおすすめメーカーを選ぶとしたら、一般的にはあまり知られていないような小さな企業がたくさん名を連ねます。